ペトルス・プランシウス

MEMO
オランダの天文学者であり、地図製作者・聖職者でもあった人物。
フレデリック・デ・ハウトマン” と “ペーテル・ケイセル” に天体観測を教え、南天の星座の天体観測を依頼した。

後に、多くの星図や天球儀を作ったことで有名。

プランシウスは、南天の星座の発見に大きく関わった人物で、ハウトマンとケイセルに観測を依頼した人物でもあります。

彼は、後に「おんどり座・いっかくじゅう座・きりん座・子蟹座・チグリス座・はち座・ヨルダン座・南の矢座」という6つの星座を発表しますが、使われたものは「きりん座いっかくじゅう座」のみとなりました。

 

プランシウスの設定した星座

プランシウスの設定した星座です。
「はと座・きりん座・いっかくじゅう座」は、冬にみられる星座なので、冬の星座の分類にも入っています。

リンクをクリックすると、各ページへ飛べます。

他の設定者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。