フレデリック・デ・ハウトマン

MEMO
オランダの冒険家。
ペトルス・プランシウス” の教えを受け、航海士の “ペーテル・ケイセル” とともに、南天の星座の考案に関わった人物。

ハウトマンは、ケイセルとともに南天の星座の観測を行った人物です。

東インドへの先駆者である “コルネリス・デ・ハウトマン” の兄であり、オーストラリアのジェラルトン沖にある島々には “ハウトマン・アブローリョス(Houtman Abrolhos)” という彼の名前にちなんだ地名がつけられているんですよ。

ケイセルとハウトマンの観測結果は、後に”ペトルス・プランシウス” と “ヨハン・バイエル“の発表によって、広く知られるようになります。

 

南天の星座

ペーテル・ケイセルとフレデリック・デ・ハウトマンに考案された、南天(南半球)で見ることのできる星座です。

リンクをクリックすると、各ページへ飛べます。

他の設定者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。