ペーテル・ケイセル

MEMO
オランダ(ネーデルラント)の航海士。
地図製作者である “ペトルス・プランシウス” の教えを受け、”フレデリック・デ・ハウトマン” とともに当時は大半が空白地帯であった南天の星座の考案に関わった。

ケイセルは、マダガスカル島に滞在している間にほとんどの南天の星座の観測を行ったと言われています。

彼がなくなった後、ケイセルの観測結果は “ペトルス・プランシウス” に引き継がれ、プランシウスと”ヨハン・バイエル“の発表によって、広く知られるようになります。

南天の星座には、動物や魚の名前などユニークなものが多いのですが、これは航海者たちが「南半球で出会った生き物」にちなんで付けられたものだからなんですよ。

 

南天の星座

ペーテル・ケイセルとフレデリック・デ・ハウトマンに考案された、南天(南半球)で見ることのできる星座です。

リンクをクリックすると、各ページへ飛べます。

他の設定者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。