きりん座(Camelopardalis)

MEMO
きりんの姿をした星座。
設定者は、ペトルス・プランシウスであるが、一般的には “ヤコブス・バルチウス” の星座の一つとされている。

バルチウスが、旧約聖書に登場するラクダを記念したものと発表した為、一時期「らくだ座」と呼ばれたこともあった。
新しい星座の為、神話はなし。
和名(学名) 麒麟座(Camelopardalis/カメーロパルダリス)
設定者 ペトルス・プランシウス
季節

←表スクロールできます→

 

きりん座は、北の空で1年を通して見ることのできる星座。
明るい星もなく、星座のない場所に設定された星座の為、そんなに知られていない星座ですね。

次の冬の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。