きょしちょう座(Tucana)

MEMO
キツツキ目オオハシ科の巨嘴鳥(きょしちょう)の姿をした星座です。
航海者の “ペーテル・ケイセル” と “フレデリック・デ・ハウトマン” によって考案され、”ペトルス・プランシウス” と “ヨハン・バイエル” が公開したことで広まった。
和名(学名) 巨嘴鳥座(Tucana/トウカナ)
設定者 ペーテル・ケイセル / フレデリック・デ・ハウトマン
場所 南半球(南天の空)

←表スクロールできます→

 

きょしちょう座は、南天の空で見ることのできる星座です。
明るさは、3等星ほどしかなく「暗い星」となっています。

南天の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。