ケンタウルス座(Centaurus)

MEMO
架空の生き物であるケンタウロスの姿をした星座。
ヘラクレスが、ケンタウロス族の村を訪れた際に、あるケンタウロスと酒盛りをし、口論になる。

この後、ヘラクレスはたくさんのケンタウロスを矢で射抜くこととなる。
射抜いた中には、ヘラクレスの弓の師匠である “ケイローン(いて座)” もいた。
和名(学名) ケンタウルス座(Centaurus/ケンタウルス)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
場所 南半球(南天の空)

←表スクロールできます→

 

ケンタウルス座は、南天の空で見られる比較的明るい星座です。
日本では、沖縄県の一部と小笠原諸島で見られますよ。

いて座と混同されることが多い星座ですが、ケンタウルス座のモチーフは “ポロス” と呼ばれるケンタウロス族の一人だと言われています。

いて座
南天の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。