星の基礎知識

星の簡単な基礎知識についてまとめてます!

恒星(こうせい)とは?

  • 惑星
  • 準惑星
  • 衛星
  • 太陽系小天体
  • 彗星
  • 小惑星

星には、”恒星・惑星” など、いくつかの種類がありますが、ほとんどの星は「恒星(こうせい)」と呼ばれます。

恒星というのは、自分の力で光っている星のことなんです!

 

恒星以外の星

  • 惑星:自分で光らない。質量いっぱい!
     水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星とか。

  • 準惑星:惑星と同じ感じだけど、惑星に入らないやつ。
     冥王星とか。

  • 衛星:惑星・準惑星・小惑星の周りを回る星のこと。

  • 太陽系小天体:太陽の周りを回る「惑星・準惑星・衛星以外」の星。

  • 彗星:太陽系小天体で、ガスを出すもの

  • 小惑星:太陽系小天体だけど、ガスを出さないもの。

恒星以外の星は、こんな感じ。
星には色々な種類があるんですよー。

スポンサーリンク

 

星の色

星の色と温度

星は、「温度」によって色が変わります。
一番熱いものは “青白く” なっていき、低いものだと “赤い” 色をしています。

青白い星だと、2万度ほどの温度になります。
冬の大三角形で知られるおおいぬ座の「シリウス」は、青白い星なんですよ。

 

等級(とうきゅう)とは?

星の等級

星には「等級(とうきゅう)」という単位で、明るさが決まっています!
一番明るいものは “1等星” と呼ばれ、一番暗いものは “6等星” と呼ばれているんです。

1等星の星は、冬の大三角形などの大きな星座で見ることができますよー。

 

余談

もっと詳しいと難しい内容もたくさんありますが、このくらいの事を覚えておくだけでも星を見るのがかなり楽しくなります。

私は色で温度が違うってところが昔から好きで、凄く面白いなと思ってます。

明るさとかも何度も見比べたりすると少しわかったりもするので面白いですよ!

探し方TOP
星の基礎知識

2 COMMENTS

ヒキガエル

地球から見える星の明るさが異なった場合、各々の星の明るさが等級で等しく決まっていた場合、地球から見える星の明るさが等級で等しく決まり1~6つける場合、各々の星の明るさが等級で異なった場合、「等級」という単位で表す証明をしてから、一番青白い色の星の温度を熱くし、一番赤い色の星の温度の低い星を赤くし、一番温度の熱い星を青白くし、一番温度の低い星を赤くする証明をできた場合、できなかった場合もあなたは明る身になります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。