おおいぬ座(Canis Major)

MEMO
どんな獲物も必ず捕まえることのできる神犬 “ライラプス” の姿。

元々は、ヘーパイストスがゼウスの為に作ったと言われている。
後に、テウメーッソスの狐を退治する役目を得るが、退治できずに永遠と追いかけっこをしていた…

また、オリオンの猟犬という説もあり、うさぎ座を追い回している。
和名(学名) 大犬座(Canis Major/カニス・メジャー)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

おおいぬ座は、冬に見られる星座で「冬の大三角形」として有名な星座です。
冬の大三角形の一つでもある「シリウス」は、1等星のとても明るい星で “光り輝く者・焼き焦がす者” という意味があります。

こいぬ座
次の冬の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。