りゅうこつ座(Carina)

MEMO
ギリシャ神話に登場するアルゴ号の帆の骨組み部分の形をした星座。
らしんばん座の他にも、「らしんばん座とも座ほ座」がアルゴ号に関わる星座になっている。
和名(学名) 竜骨座(Carina/カリーナ)
設定者 ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ
場所 南半球(南天の空)

←表スクロールできます→

 

りゅうこつ座は、南天で見られる星座の一つで、1等星の「カノープス」を持っていることで有名です。
この1等星は、1等星の中でも2番目に明るい星なんですよ。

日本からだと、なかなか見ることが難しい星ですが、カノープスを見られると「長寿になる」なんて噂もあるみたい…

他のアルゴ号星座
南天の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。