らしんばん座(Pyxis)

MEMO
ギリシャ神話に登場するアルゴ号の方位磁石(コンパス)の形をした星座。
らしんばん座の他にも、「りゅうこつ座とも座ほ座」がアルゴ号に関わる星座になっている。
和名(学名) 羅針盤座(Pyxis/ピクシス)
設定者 ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ
場所 南半球(南天の空)

←表スクロールできます→

 

らしんばん座は、南天で見られる星座。
日本では、地平線より少し高い位置で見ることができ、北日本でも見ることのできる星座となっています。

他のアルゴ号星座
南天の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。