ペガスス座(Pegasus)

MEMO
翼を持つ、天馬の姿をした星座。
勇者ペルセウスがメデューサを倒した際に、生まれた “ペーガソス” という名の天馬。

後に、ゼウスの「雷撃」を運ぶ役割を負うこととなる。
和名(学名) ペガスス座(Pegasus/ペガサス)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

ペガスス座は、四辺形をした星座で、この四辺形は「ペガスス四辺形」と言われています。
また、代表的な星座であることから「秋の大四辺形」と呼ばれているんですよ。

日本の一部では、「桝形星(ますがたぼし)」とも呼ばれます。

次の秋の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。