からす座(Corvus)

MEMO
芸術の神アポロンの使い烏。
元々は、純白のとても美しい姿をしており、人間の言葉を話すことができた。

ある日、カラスは、アポロンの「恋人が男と密会している」という嘘の情報をアポロンに伝えてしまう。
アポロンが密会現場へ行き、よく確認もせずに矢を放つと、そこに男の姿はなく、放った矢は恋人に当たってしまった。

後に恋人はなくなり、カラスは嘘の代償として “真っ黒な姿” に染められ、言葉も奪われてしまうのでした…
和名(学名) からす座(Corvus/コルウス)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

からす座は、うみへび座の背に乗ったカラスの姿をした星座になっています。
台形のような形をしているのが特徴で、「四つ星・帆かけ星」と呼ばれたこともあったそうです。

アポロンの恋人は、当時身ごもっており、彼女はなくなってしまったけど、子供は元気に成長しました。
この子供は、後に “へびつかい座” になるんですよ。

<参考>
春の大曲線

へびつかい座
次の春の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。