いるか座(Delphinus)

MEMO
海の神ポセイドンの使いのイルカ。
ポセイドンの妻になることを拒んで逃げた “アムピトリーテー” を、探し連れ帰った功績で星座となった。

また、詩人アリオン (詩人)が海賊に襲われた際に、彼を助けたイルカであるという説もある。
和名(学名) 海豚座(Delphinus/デルピーヌス)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

いるか座は、明るい星でも4等星ほどしかない暗い星座です。
しかし、比較的星が密集している地帯の為、見つけやすいのが特徴なんですよ。

イルカの顔部分に当たる星が、ダイヤ型になっていることから、日本では「ひし星」とも呼ばれていたそうです。

次の夏の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。