はくちょう座(Cygnus)

MEMO
はくちょうに化けたゼウスの姿。
“女神ネメシスをとらえる為に化けた” という説と、スパルタ王妃レーダーに恋をしたゼウスが “彼女に近づく為に化けた” という2種類の説がある。

白鳥が去った後、レーダーは2つの卵を産み落とすこととなる…

後に卵は孵化し、一つからは「ふたご座のカストルとポルックス兄弟」
もう一つからは、「ヘレネーとクリュタイムネーストラーの姉妹」が産まれた。
和名(学名) 白鳥座(Cygnus/シグナス)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

はくちょう座は、夏の大三角形で有名な “デネブ” を持つ星座です。
口に当たる部分には、アルビレオと呼ばれ小さな望遠鏡でも見ることができますよ。

それぞれの星の名前には意味があり、デネブは「努力と行動力」、アルビレオは「相手に尽くす」という意味があります。

わし座
次の夏の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。