トレミー48星座 星座 春の星座

  おおぐま座(Ursa Major)

更新日:

女神ヘラによって熊の姿にされた、カリストの姿。

カリストは、女神アルテミスに使えていた美少女であった。
しかし、ゼウスとの子供を授かったことで、アルテミスの元を去ることとなる。

後に、アルカスという息子を産むが、ゼウスとの関係が妃であるヘラに知られてしまう。
激怒したヘラは、カリストを熊の姿に変えてしまうのだった…

 

おおぐま座は、腰からしっぽにあたる部分に7つの星があります。
これは、北斗七星(ほくとしちせい)と呼ばれ有名な星なんですよ。

カリストは、後に成長した息子と森で出くわし、大好きな息子に近づこうとします。
しかし、母の姿がただの熊にしか見えない息子は、熊めがけて弓を引いてしまうのです。

2人の様子を見ていたゼウスは、息子のアストルを「こぐま座」、カリストを「おおぐま座」にしました。
でも、ここでめでたしとはいかないのが、この話の悲しいところなんです。

2人を星座にしたことすらも、ヘラは気に入らなかったようで…
カリストが休むことが出来ないようにと、地に沈まない星(周極星)にしてしまったそうです。

このことから、おおぐま座は「北半球の中緯度地域」において、沈むことがない星になりました。
<参考>
春の大曲線

和名(学名) おおぐま座(Ursa Major/ウルサ メジャー)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

こぐま座次の春の星座

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-トレミー48星座, 星座, 春の星座
-, , , , , ,

Copyright© すてられこーど , 2018 AllRights Reserved.