南天の星座 星座

  みなみじゅうじ座(Crux)

更新日:

十字架の形をした星座。
大航海時代には、南の位置を測る為にも使われていて、この星座に船乗りたちが航海の「安全」を祈願していた。

オギュスタン・ロワーエが設定したと言われていたが、独立した星座として描かれたのは "ペトルス・プランシウス" が始めだと言われている。

 

みなみじゅうじ座は、南天で見ることのできる星座で、88星座の中で「一番小さい」星座です。

別名では、サザンクロス(Southern Cross)とも呼ばれる。
これは、はくちょう座の中心部分にある「北十字星(Northern Cross/ノーザンクロス)」に対応して、つけられたものだと言われています。

和名(学名) 南十字座(Crux/クルクス)
設定者 ペトルス・プランシウス
場所 南半球(南天の空)

南天の星座

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-南天の星座, 星座
-, , , , , , , , ,

Copyright© すてられこーど , 2018 AllRights Reserved.