こぐま座(Ursa Minor)

MEMO
熊に変えられたカリストの息子。
おおぐま座と親子の関係になる星座。

また、ディクテー山でゼウスを育てた “キュノスラ” という人物の姿であるとも言われている。
和名(学名) こぐま座(Ursa Minor/ウルサ マイナー)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

こぐま座は、しっぽの先端に「北極星(ほっきょくせい)」を持っていることで有名な星座です。
日本では、1年を通して見ることのできる星座なんですよ。

こぐま座は、おおぐま座と親子の関係です。
母のカリストが恋愛がらみでこじれて “熊の姿” に変えられしまうのですが、息子のアルカスが成長した後に再会を果たします。

しかし、目の前の熊が母だとは知らないアルカスは、攻撃をしようとします。
2人の様子を見ていた、事態の元凶であるゼウスが、2人を星座にしたといわれています。

おおぐま座
次の春の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。