こぎつね座(Vulpecula)

MEMO
ガチョウをくわえたキツネの姿。
以前は、”Vulpecula cum ansere/ガチョウをくわえた小さなキツネ” や、”Vulpecula et Anser/小さなキツネとガチョウ” などと呼ばれていた。

比較的新しい星座の為、神話は作られていない。
和名(学名) 小狐座(Vulpecula/ヴルペクラ)
設定者 ヨハネス・ヘヴェリウス
季節

←表スクロールできます→

 

こぎつね座は、夏の大三角形の中央にある星座として有名です。
しかし、明るさは4~5等星ほどしかない為、目立ちにくい星座となっていますね。

次の夏の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。