へびつかい座(Ophiuchus)

MEMO
アポローンの息子 “医師アスクレーピオス” の姿。
カラス座のカラスの嘘によって、なくなってしまったコロニースの息子でもある。

彼は、賢者ケイローンの元で育ち、後に名医と呼ばれるまでの医術を手にする。
へび座のヘビがなくなった仲間を “薬草で蘇らせている” 姿を見て、不死の技術を手に入れることとなる。

しかし、不死の技術を喜ばしく思わなかった “冥神ハーデース” の願いによって、雷撃で射殺されてしまうのだった…
これに激怒したアポローンは、雷撃を行った人物たちを始末。

アポローンをなだめる為に、ゼウスがアスクレーピオスを星座にしたと言われてる。
和名(学名) 蛇遣い座(Ophiuchus/オフィウクス)
設定者 クラウディオス・プトレマイオス
季節

←表スクロールできます→

 

へびつかい座は、黄道上にあるが12星座に入らない星座です。
一般的な12星座占いに、へびつかい座を加えた「13星座占い」というものもあるそうですよ。

からす座
次の夏の星座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。