「 みなみのうお座 」 一覧

  みなみのうお座(Piscis Austrinus)

愛の女神アプロディテの逃亡時の姿。 ナイル川沿岸で、神々が宴会を開いていたところ怪物テュポンに襲われる。 慌てた神々は、動物の姿に変化して逃げるのだった… みなみのうお座は、この逃亡時の "アプロディ ...

  つる座(Grus)

つるの姿をしている星座で、南の空で見ることができる。 元々は「フラミンゴ座」という名前だったが、つる座として広まった。 比較的新しい星座の為、神話はなし。   つる座は、南の空で見られる星座 ...

  けんびきょう座(Microscopium)

フランスの天文学者「ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ」によって設定された星座。 彼は、他にも科学道具の星座を設定している。 みなみのうお座の一部を切り取って、作られた星座。   けんびきょう座は、 ...

  みずがめ座(Aquarius)

水瓶を持った "ガニュメーデース" の姿。 十二神に、不死の酒と呼ばれる「ネクタール」を支給していた美少年。   みずがめ座は12星座の一つで、秋に見られます。 「1/20から2/18」に生 ...

Copyright© すてられこーど , 2018 AllRights Reserved.