「星座」 一覧

  とも座(Puppis)

ギリシャ神話に登場するアルゴ号の船尾(せんび)の形をした星座。 とも座の他にも、「りゅうこつ座・ほ座・らしんばん座」もアルゴ号に関わる星座になっている。   とも座は、南天で見ることのできる ...

  とけい座(Horologium)

振り子時計の形をした星座。 ラカーユの科学道具星座の一つ。   とけい座は、南天で見ることのできる星座です。 日本では北側でしか見ることができず、全体を見るには石垣島まで行くと見られますよ。 ...

  じょうぎ座(Norma)

直角定規と直定規を重ねた形をした星座。 ラカーユの科学道具星座の一つ。   じょうぎ座は、南天で見ることができる星座で、小さく目立たない星です。 和名(学名) 定規座(Norma/ノルマ) ...

  さいだん座(Ara)

古い体制(クロノス・ティーターン族)を打ち破ることを誓った祭壇。 また、ケンタウルス座が、おおかみ座を捧げた祭壇とも言われている。   さいだん座は、祭壇の形をした星座で、南半球で見ることが ...

  コンパス座(Circinus)

円を書くコンパスの形をした星座。 ラカーユの科学道具星座の一つ。 "みなみのさんかく座" を測量機械に見立てて、じょうぎ座などの製図道具が並ぶように配置されているのが特徴。   コンパス座は ...

  ケンタウルス座(Centaurus)

架空の生き物であるケンタウロスの姿をした星座。 ヘラクレスが、ケンタウロス族の村を訪れた際に、あるケンタウロスと酒盛りをし、口論になる。 この後、ヘラクレスはたくさんのケンタウロスを矢で射抜くこととな ...

  きょしちょう座(Tucana)

キツツキ目オオハシ科の巨嘴鳥(きょしちょう)の姿をした星座です。 航海者の "ペーテル・ケイセル" と "フレデリック・デ・ハウトマン" によって考案され、"ペトルス・プランシウス" と "ヨハン・バ ...

  かじき座(Dorado)

かじきの形をした星座。 航海者の "ペーテル・ケイセル" と "フレデリック・デ・ハウトマン"によって考案され、後に "ペトルス・プランシウス" と "ヨハン・バイエル" によって一般的に知られること ...

  がか座(Pictor)

彫刻室(ちょうこくしつ座)に置いてある、画架(イーゼル)の形をした星座。 ラカーユの美術道具星座の一つ。   がか座は、元々は「画架とパレット」という意味の名前でしたが、省略されて画架(がか ...

  おおかみ座(Lupus)

オオカミの姿に変えられた "リュカオン" の姿。 神々との宴の席に、人肉を持ってきた罰として大神ゼウスによって姿を変えられた。 人頭獣身の獣人の姿で描かれることあり、ケンタウロス(ケンタウロス座)の槍 ...

Copyright© すてられこーど , 2018 AllRights Reserved.